FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25年振りの理想の彼氏
学生時代、和裁の授業で男物の浴衣を縫うことになった。
父親にっていう学生もいたと思うが
彼氏にあげるって子が多かった。

私には彼氏がいなかったが
父親にっていうのもなんだかシャクな気がして
未来の彼氏の為に浴衣を縫ったのだった。

浴衣を作るにはまず寸法がいる。
対象人物の背丈や肩幅等々。
私の場合はは全てが想像というより希望だった。

まず、身長は180cm以上が良い。
(当時の反物で作れる最高身長が180cmだったので180cmにした。)
体型はスマートな中肉にしよう。

肝心の浴衣の反物は紺地が良かったがちゃんと作れるか自身がなかったので
お店で一番安い物を選んだ結果、
白地にかすり模様のような薄らぼけた柄になってしまったが
なんとか理想の彼氏への浴衣は出来上がったのだった。

yukata.jpg

しかし、その後一向に理想の彼氏は現れず月日が流れたある日、
姉が婚約者を連れて家に来た。
ジャスト180cmの婚約者だった。
そして私の浴衣と共には姉は嫁いでいった。

姉は面倒臭がりやで嫁いでも浴衣の洗濯(のり付けとアイロン)を母に任していたので
浴衣は直ぐに実家に戻ってきてそのままになっていた。

すっかり忘れ去られて寂しく実家の押入れで眠っていた理想の彼氏の浴衣が
甥が花火大会に着て行くということで再び日の目を見たのだ。

甥とは実姉の大学生の息子で
身長186cmでスマートな体型。
顔はアイドル級なのだ。
そう私の理想の彼氏を姉が産んだのだ。

そしてその理想の彼氏(甥)は彼女と浴衣デート。
なんとも羨ましいラッキーな彼女なのだ。
そうしてかつての私の理想の彼氏は25年振りに生き返って
霧のごとく消え去ったのだった。


PS.母がその浴衣のことを私に告げてきた際、
そういえばお姉ちゃんも学校で浴衣を作ってたはずだけど
それどうしたのかしら?
って聞くから

お姉ちゃんは当時チンチクリンの彼氏と付き合ってたから
その彼にあげたんでしょ。
って言ったら

母がまあ、あんた酷い事言うのね~だって。

本当に酷いのは誰なのかしらねぇ。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://runnrunnmimi.blog.fc2.com/tb.php/60-c1f52a7f
Profile

ルンルンみみ

Author:ルンルンみみ
初めまして。
ダンナと二人暮しの40代主婦です。
このブログは主婦日記の
貧乏からスタートしましたが
様々なカメラブログに魅了され
現在は自らカメラブログカテに
席を置いています。
どうぞ宜しくお願いします。
RUMRUM*MIMI

Welcome to poor living

Time
Calendar

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

News item
Category
Monthly archive
Link
Blog MURA

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。